ムーランルージュとは

こぼれ話

ムーランルージュのダンサーになるには

世界中を魅了するムーランルージュ。スポットライトを浴びて華やかなステージで舞い踊るダンサー達。
「映画の主人公みたいに、ムーランルージュで歌い踊りたいけど、どうすればなれるの?」と、思っている貴方。そんな貴方のために、ムーランルージュのダンサーのこと、ちょっぴり教えましょう。

ムーランルージュのダンサーは<ドリス・ガール>と呼ばれています。これは、振り付け師のドリス・オーグの名前をとったもの。ドリス・オーグは1950年代から、ムーランルージュのショーの振り付けを担当しています。 当初は4人しかいなかった<ドリス・ガール>も、今では60人余りに増えました。

ダンサーの身長は、女性175cm以上、男性185cm以上が必要。オーディションを受ける若いダンサーの平均年齢は17歳。出身地はグローバル。イギリス、ロシア、ドイツ、ポーランド...
特に質の高いダンス学校があるので、最近はオーストラリアが募集の中心のようです。

さて、「日本人ダンサーは?」と言えば、スウェーデン人とのハーフがいただけで、残念ながら、まだ一人もいません。

近い将来、ムーランルージュのステージにあがるのは、貴方かも…

ムーランルージュのダンサー

ムーランルージュとは

  • ムーランルージュとは
  • ムーランルージの歴史
  • こぼれ話
  • ダンサーになるためには?
  • ムーランルージュの顔
  • ムーランルージュの衣装・服装
  • ムーランルージュの裏方2シューズ
  • 舞台に上がったお客様
  • 数字で見るムーランルージュとは
  • パリミュージアムパス
  • パリ観光
  • バトームッシュ
  • パリのお土産